本文へスキップ

伊豆高原メガソーラー訴訟を支援する会

伊豆高原メガソーラー訴訟を支援する会

12月21日(土)報告集会へのご参加ありがとうございました


12月21日土曜 17:30〜 八幡野コミュニティセンター3F大会議室にて、伊豆高原メガソーラー問題の報告集会が行われました。今回は伊豆高原メガソーラーパーク発電所建設予定地だけではなく、台風被害でパネルが吹き飛んで破損。飛散したイーゲート太陽光発電所、違法伐採で土砂流出の被害と土砂災害のリスクを抱える旧LAホールディングス(現SUN-K)太陽光発電所計画予定地の現状についても空撮動画や映像を使って説明をしました。
伊豆高原訴訟を支援する会としては、伊豆高原に伊豆メガソーラーパーク合同会社(代表社員 ハンファエナジージャパン)が建設を予定している43haの大規模太陽光発電施設に対して訴訟を提訴して計画の白紙撤回を求めてきましたが、伊豆高原の同じ山にあるSUN-K合同会社(SUNホールディングス)の違法伐採案件やや既に稼働していてパネルの飛散事故を起こしたイーゲート株式会社の太陽光発電施設が酷い状況であることから、この2つの問題案件に対してもしっかりと取り組んでいくことを考えております。
地域の生活の安全が取り戻せるまで引き続きご支援いただけますよう よろしくお願いいたします。

メガソーラー通信 第11号が発行されました

11号では台風の強風でパネルが吹き飛んだ伊豆高原イーゲート太陽光発電所、違法伐採された旧LAホールディングス
(現SUN-K)太陽光発電所計画予定地のその後の状況をはじめ伊豆高原メガソーラーパークへの建設工事差し止めの提訴の模様などを見開き4Pの特集号でお伝えしています。
        ↓

◆メガソーラー通信11号 http://izukougen-ms.com/ts/ts11.pdf
1号〜10号までの会報へは こちら から

工事差止仮処分命令を求める民事訴訟は本訴訟へ進展!

 工事中止の仮処分命令を求める民事訴訟は本訴訟へと進展する予定です。
 仮処分は緊急性を求めて行われる制度ですが、実質現地の工事が進んでおらず緊急性が認められないこと、
 緊急性が無いのであれば非公開の仮処分ではなく公開の裁判として取り組めること、などを鑑みて
 工事中止を求める裁判として再度、提訴をすることと致しました。
 引き続きのみなさまのご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。


TOPICS


書庫 -archive 新着情報

※随時更新
【経産省】

バナースペース

伊豆高原メガソーラー
訴訟を支援する会

〒413-0231
静岡県伊東市富戸908-69
office@izukougen-ms.com

行政裁判が始まりました!
活動を支える募金へのご協力をお願いしています

口座名
伊豆高原メガソーラー訴訟を支援する会
【ゆうちょ銀行】
記号 12380
番号 62117081

【ゆうちょ銀行以外の金融機関からは】
店名 二三八 (ニ サン ハチ)
店番 238
普通預金 6211708